HOME>オススメ情報>どれぐらいの費用になるかや注目されている理由を見ておきたい

入学金や授業料など

描く人

マンガを学ぶためには独学で学ぶ方法もありますが、できればプロに師事してもらった方がよいでしょう。とはいえいきなり漫画家に入門する必要はありません。まず高校などに入り、基礎的なことを学ぶことが必要になります。高校に入るためには入学金が必要になりますが、おおむね60万円から80万円ぐらいかかると考えておきましょう。それ以外にも、1年目の授業料を初回に支払わなければなりません。そうすると150万円ぐらいのお金がかかることが予想できます。ただ最近は、高校に入学するときに補助制度などがありますので、それを利用してみると良いでしょう。市町村の方で補助してくれる可能性があるため一度担任の先生などに相談してみるべきです。

将来的に役立つ

絵を描く

マンガの高校は非常に珍しいですが、最近は通信制高校などを中心にそのような特殊な勉強を教えているところがあります。なぜ人気があるかといえば、それは実際に役に立つからです。日本の文化が世界に広まっており、これを海外に伝えることでそれ自体が立派な仕事になることも考えられるでしょう。そこまで考えられなくても、会社に就職しマンガのアシスタントなどをすることで好きなことが仕事になる可能性が高まります。本当に好きならば、1日中えがいていても特に苦痛はないでしょう。

動画などにも使われる

勉強する学生

最近は、インターネット上で様々な動画があります。テレビ番組などを凌駕するほどの勢いを持っており、動画の視聴者は年々増える一方です。動画といっても、人間がしゃべっている動画もありますが、中にはマンガの内容になっているものもあります。実はそこにも大きな需要があると考えてよいでしょう。つまり高校で学んだ内容が、将来的に自分の仕事になるわけです。しかも動画の仕事などが年々増えてきていることから、さらにその需要が高まるといってよいです。

広告募集中